忍者ブログ
映画AVATARにはまってしまって、さあ大変。 ケルトラルは、ナヴィ語でホームツリーのことです。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

骨と体重

AVATARについて、 「これくらいの映像はゲームで見られる」 という意見があるようです。

おそらく3Dではなくて、CGで人物や背景を描き出す技術をいってるんだと思うんですが……どうかなあ。
私には同列に見えないんですが。

基本、ゲームをしないので、電気店に行ったときなどにデモで流されているゲーム画像を見ての話になりますけど、確かにきれいに作ってあります。

ただ……私は、あれを見ていて、 「体に骨が入ってない」 「地面を踏んでない」 と思うんですよね。
一見違和感なく見えるけれど、あの動きは、骨に筋肉がまといついて生み出されるものではない。

動いても違和感がありますけど、動かないとさらに違和感は増します。
ゲームの画像は、あれは、記号の動き。
しゃべるとき、何かをするとき、実はどれもがよく似た動きをしている。記号であるために、動きが止まると人形と化してしまう。
人間は、止まっているように見えて微妙に無駄な動きをしている(動きでなくても力の入り方などで「揺れ」が出る)ので、「何もしない(動かない)演技」が存在する。

AVATARは、さすがにそのあたりはきちんと「人間の動き」だった。

「地面を踏んでいる」……重量感というか、体重の存在も感じたけれど、崖などをよじ登る妙に軽い動きは、惜しいなあ。
いくら地球に比べて重力が弱くて、ナヴィの筋力が強くても、ちょっと軽すぎる気が……。

あ、パンドラは地球より重力が弱くて、なのにナヴィは人間と比較すると筋力が強いそうだから、軽々と動けて当たり前?




拍手[0回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア

最新コメント

[09/15 Maria]
[08/16 Maria]
[08/13 N流]
[08/01 Maria]
[07/30 Maria]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
kuro
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析