忍者ブログ
映画AVATARにはまってしまって、さあ大変。 ケルトラルは、ナヴィ語でホームツリーのことです。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DVD!

所用でしばらく実家に行っていたので、今ごろDVDを買ってAVATAR見てます。
ふ、不覚!

今回のDVDは、オリジナル版と、特別編とエクステンデッド・エディションの3つが収録されていたわけですが、エクステンデッド・エディションや未公開シーン集を見て、やっといろいろ腑に落ちました。

こうしてみると、失礼ですが「特別編」はちょっと中途半端だったんだなあ……という感じです。
まあ、興行的には3時間前後が限界でしょうから、未公開シーンはもちろん、エクステンデッド・エディション状態では映画館では公開できなかったわけです。
省かれてしまったシーンは、やはり、ジェイクやネイティリ以外のシーン。それらのシーンは、省かれたシーン同士微妙にとつながり合っているので、すべてを見ると、なるほどこういうことかとパンドラの世界の厚みを大きくふくらませてくれるわけですが、その中から特別編用(時間的制約あり)に拾い出そうとすると、比較的独立したエピソード的シーンとなってしまい、結果として特別編はオリジナル版ちょい増しバージョンという感じで、流れ的にやや半端な感じになってしまったんだろうと思えました。

それにしても~。
今回は、未公開シーンで実際俳優さんたちがどういう状態で演じているかがかいま見えたわけですが、あれはすごい。
CG全盛とはいえ、たとえばロード・オブ・ザ・リングでも、俳優さんたちは自分の役のコスチュームを身に着け、ロケ地やある程度は見た目そのままのセットの中で演技をします。
後でCGでいろいろ加えられるとしても、自分は自分の姿で、さらにはコスチュームなどで作品世界には入り込んで演技できるわけですが、AVATARの、あれは、全くの手がかりなしでは……?
それで、あれだけの演技をしちゃうんだから、皆さん、スゴイ。
そしてキャメロン監督の指導もすごい。

拍手!



拍手[0回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア

最新コメント

[09/15 Maria]
[08/16 Maria]
[08/13 N流]
[08/01 Maria]
[07/30 Maria]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
kuro
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析